> > 三菱重工らの環境配慮型クレーンが採用 神戸港におけるCN実現に貢献

三菱重工らの環境配慮型クレーンが採用 神戸港におけるCN実現に貢献

タイヤ式門型クレーン(RTG)(出所:三菱重工業)

三菱重工業(東京都千代田区)と、三菱ロジスネクスト(京都府長岡京市)は11月18日、従来のものより温室効果ガス排出量を低減でき、将来的な水素燃料電池への換装が可能な新型タイヤ式門型クレーン(RTG)2基を、上組(神戸市中央区)から受注したと発表した。納入先は神戸市中央区の神戸港ポートアイランド地区で、2022年度中に納入し、2027年度末までに計18基を同港に導入する。

同社のRTGは、蓄電池の容量はそのままに、エンジン・発電機の小型化を実現。排気量・出力を抑える新ディーゼル発電機の採用と新エンジンコントローラーを用いた燃焼制御により、国土交通省が定める第4次排出ガス規制の基準値を満たすとともに、従来型と比較して15%以上の燃費削減を可能にする。
また、CO2、NOx、PM(黒煙粒子状物質)などの排出量を削減し、港湾における水素供給インフラ整備の完了に伴う将来的な水素燃料電池への換装を可能するとともに、従来と同等の販売価格を維持できるという。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 41 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2022 日本ビジネス出版. All rights reserved.