> > ヤマト運輸と日野、小型EVトラックの実証実験開始 超低床・ウォークスルー

ヤマト運輸と日野、小型EVトラックの実証実験開始 超低床・ウォークスルー

日野デュトロ ZEV(出所:ヤマト運輸)

ヤマト運輸(東京都中央区)と日野自動車(日野/東京都日野市)は11月24日、日野が開発した超低床・ウォークスルーの小型BEV(Battery Electric Vehicle)トラック「日野デュトロ Z EV」を使用した集配業務の実証実験を開始した。同実証実験では、温室効果ガス排出量削減効果や、集配業務における効率性・作業負荷低減の効果などを確認する。

実証期間は、11月24日~2022年5月末の約6か月間で、実証台数は2台。ヤマト運輸日野日野台センター(東京都日野市)と、ヤマト運輸狭山中央センター(埼玉県狭山市)で実施する。実証に用いる「日野デュトロZEV」は、走行時に温室効果ガスを排出せず、環境への配慮と都市部や住宅街での宅配業務の作業効率も考慮した構造となっているという。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 69 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.