> > スカイソーラー、熊本県宇土市とPPAモデル オフグリッドで太陽光+蓄電池

スカイソーラー、熊本県宇土市とPPAモデル オフグリッドで太陽光+蓄電池

取り組みのイメージ図(出所:Sky Solar Japan)

Sky Solar Japan(東京都港区)は11月22日、電力会社の送電網につながらない太陽光発電設備と蓄電池を組み合わせた電力システム(オフグリッドシステム)を利用した、オフグリッドPPA(電力販売契約)モデルに係る契約を熊本県宇土市と締結したと発表した。

Sky Solar Japanは、宇土市の老人福祉センターと網津防災センターに、同社の費用によりオフグリッドシステムを設置し、所有・維持管理等をした上で、このオフグリッドシステムで発電・蓄電された電力を宇土市に供給する。宇土市は建物・土地使用を許可し、使用した分の電気代を支払う。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 71 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.