霧島酒造、30年までにCO2排出実質ゼロへ さつまいも発電を最大活用

  • 印刷
  • 共有
『KIRISHIMA SATSUMAIMO CYCLE』(出所:霧島酒造)
『KIRISHIMA SATSUMAIMO CYCLE』(出所:霧島酒造)

霧島酒造(宮崎県都城市)は11月24日、2030年度までに工場・事務所のCO2排出量を実質ゼロにすることを宣言した。焼酎粕や芋くずなどを活用したさつまいも発電による電力で50%削減(2013年度比)を目指すほか、同電力を主電源としたEV車を4台導入し、都城市の災害時避難所支援に役立てる。

同社は、焼酎製造工程から排出される焼酎粕や芋くずなどをメタン発酵して取り出したバイオガスを、主に焼酎製造工程のボイラー燃料として利用し、化石燃料(都市ガス)の使用量を低減したほか、蒸留工程で発生する温排水を工場設備の洗浄水や暖房に利用するなど工場の省エネに取り組み、2020年度時点でCO2排出量約33%削減(2013年度比)を達成している。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事