> > ドトール、大王製紙の紙製マドラーを採用 年間5.7トンのプラ削減

ドトール、大王製紙の紙製マドラーを採用 年間5.7トンのプラ削減

利用イメージ(出所:大王製紙)

大王製紙(東京都千代田区)は11月19日、ドトールコーヒー(同・渋谷区)が運営するドトールコーヒーショップやエクセルシオ―ル カフェなどで、FSC認証の紙製『エリプラマドラー』が採用されたと発表した。

このFSC認証紙は「エリプラ プレミア シリーズ」として2021年7月に販売を開始したもので、原紙には食品や添加物の規格基準に適合し、耐水性・耐油性を有する生分解・再生可能な木材原料を使用。ドトールコーヒーは、従来のプラスチック製マドラーから紙製『エリプラマドラー』へ切り替えることで、年間5.7トン(2020年実績)のプラスチック削減につながるとしている。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 40 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2022 日本ビジネス出版. All rights reserved.