国交省、事業用自動車の電動化支援に10億円計上 住宅グリーン化に30億円

  • 印刷
  • 共有
画像はイメージです
画像はイメージです

国土交通省は2021年度の補正予算をとりまとめた。成長戦略に対応した取り組みとして、事業用自動車における電動車(ハイブリッド自動車、電気自動車、燃料電池自動車)の集中的導入支援に10.4億円、地域材の安定的な活用促進等を含む地域型住宅グリーン化事業に30億円などを計上した。同省の補正予算国費総額は2兆911億円となっている。

同省の補正予算は、11月19日に閣議決定した「コロナ克服・新時代開拓のための経済対策」で取り組む施策の4つの柱に沿って経費を計上している。4つの柱の内容と、内訳は次の通り。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報