> > グランフロント大阪、100%再エネ電力に切り替え 入居企業・店舗も対象

グランフロント大阪、100%再エネ電力に切り替え 入居企業・店舗も対象

画像はイメージです

グランフロント大阪(大阪市北区大深町)は11月29日、2022年9月から、同施設で使用する全電力をCO2フリーの再生可能エネルギー由来電力に切り替えると発表した。関西エリアの大規模複合用途建物では初の試み。

共用部だけでなく、テナント専有部も含めた使用電力の全量が切替対象で、オフィスや商業などの施設用途を問わず、グランフロント大阪に入居する全ての企業・テナントは自社で再エネ電力を利用していると認められることになる。対象は、南館・北館・うめきた広場。

グランフロント大阪の電力使用量は

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 52 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2022 日本ビジネス出版. All rights reserved.