三菱総研・京セラなど、計46MWのメガソーラー発電所を稼働 新潟県で

  • 印刷
  • 共有
大日メガソーラー発電所 全景写真(出所:京セラ)
大日メガソーラー発電所 全景写真(出所:京セラ)

三菱総合研究所(東京都千代田区)、東京センチュリー(東京都千代田区)、京セラ(京都府京都市)など5社が共同出資する阿賀野メガソーラー合同会社は、11月30日、新潟県阿賀野市で2カ所・合計約46.2MWのメガソーラー発電所の商業運転を開始した。

大室メガソーラー発電所(出力規模:約32.9MW)と大日メガソーラー発電所(同:約13.3MW )には京セラ製太陽電池モジュール合計約165,000枚を設置。両発電所をあわせた年間予想発電量は初年度約4,800万kWhを見込んでいる。売電先は東北電力ネットワーク。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報