> > 商船三井、国内の浮体式「洋上風力発電」開発で英企業と協業

商船三井、国内の浮体式「洋上風力発電」開発で英企業と協業

Flotation Energyがスコットランド沖で開発し操業開始した浮体式洋上風力発電所(出所:商船三井)

商船三井(東京都港区)は12月3日、スコットランドの企業Flotation Energy(フローテーションエナジー)と、日本における洋上風力発電事業開発で協業すると発表した。両社は協業を通じて、2050年のカーボンニュートラル実現、2040年最大45GWという洋上風力発電導入目標に寄与することを目指す。

新潟沖で2GWの大規模洋上風力発電事業開発PJが推進中

フローテーションエナジーは、世界有数の浮体式洋上風力発電事業者であり、世界最大の浮体式洋上風力発電所であるスコットランドのキンカーディン洋上において、風力発電プロジェクト(50MW)の実績がある。直近では、英国で洋上風力開発用地(第4回入札)において、480MWのモーカム着床式洋上風力発電事業の優先交渉権を獲得したほか、英国南西沖において100MWの実証実験プロジェクトの開発権を取得している。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 49 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2022 日本ビジネス出版. All rights reserved.