> > 岸田首相、所信表明で再エネ最大限導入・電化・火力のゼロエミ化などに言及

岸田首相、所信表明で再エネ最大限導入・電化・火力のゼロエミ化などに言及

岸田文雄内閣総理大臣は12月6日、第207回国会における所信表明演説で、「気候変動問題を、新たな市場を生む成長分野へと大きく転換する」と述べた。再エネ最大限導入のための規制の見直し、あらゆる分野の電化に向けた投資、火力発電のゼロエミッション化に向けた取り組みなどを推進するとした。

岸田総理は、気候変動問題を成長分野へと転換していくため、2050年カーボンニュートラル、2030年度の46%排出削減の実現に向け、再エネ拡大に向けた規制の見直し、クリーンエネルギー分野への大胆な投資を進めると語った。

また、目標実現には、社会のあらゆる分野を電化させることが必要だとして、

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 40 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2022 日本ビジネス出版. All rights reserved.