> > ⾃然電⼒と台湾再エネ企業、洋上風力発電を九州エリアで共同開発へ

⾃然電⼒と台湾再エネ企業、洋上風力発電を九州エリアで共同開発へ

(左)SRE EPCIディレクター クルト・デルペッシュ氏/(右)自然電力 代表取締役 長谷川 雅也氏(出所:自然電力)

自然電力(福岡県福岡市)とSwancor Renewable Energy(SRE/台湾台北市)は12月8日、合弁会社を通じ、九州域内で洋上風力発電所を、共同開発することで合意した。日本の海域と類似した台湾での経験を持つSREの技術力と、地域での再エネ導入を進める自然電力の開発力を駆使し、九州域内における洋上風力のいっそうの推進を目指す。

SREは、台湾の再生可能エネルギー業界をリードする電力事業者で、特に洋上風力分野において実績がある。2012年には台湾で最初の洋上風力プロジェクトの開発を開始し、建設や操業・保守を含め、これまで累計約5,000MWの案件開発に携わっている。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 64 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2022 日本ビジネス出版. All rights reserved.