大林組、NZで「グリーン水素」試験販売開始 メガワット級製造プラント開所

  • 印刷
  • 共有
水素燃料電池車への供給(出所:大林組)
水素燃料電池車への供給(出所:大林組)

大林組(東京都港区)は12月14日、ニュージーランドにおいて初となるメガワット級水素製造プラントを開所し、地熱発電を利用して製造する「グリーン水素」の試験販売を開始すると発表した。

このプラントは、同国で有数の地熱発電所を所有するトゥアロパキ・トラストと共同で、同グループが所有・運営する地熱発電所の敷地内に建設を進めてきた。地熱発電所から直接受電した再生可能エネルギー100%の電力によってグリーン水素を年間100t(燃料電池自動車の燃料換算で1000台分に相当)製造できる。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報