> > 欧州委員会、原子力・天然ガスをグリーンエネルギーに分類する方針発表

欧州委員会、原子力・天然ガスをグリーンエネルギーに分類する方針発表

欧州委員会は1月1日、EU加盟国のサステナブルファイナンスに関する専門家グループやサステナブルファイナンス・プラットフォーム(PSF)とともに、EUタクソノミーに関する協議を行い、草案を作成したと発表した。今回の方針では、「グリーンエネルギー」の分類に、原子力発電と天然ガスを含めることが盛り込まれた。

同委員会は、原子力発電と天然ガスは「再生可能エネルギーを主体とした未来」への移行を促進する手段であるとし、「石炭などより有害性が高いエネルギー源からの段階的な脱却を加速させ、低炭素で環境に優しいエネルギーミックスへの移行を早めるだろう」としている。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 70 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2022 日本ビジネス出版. All rights reserved.