電気事業者の排出係数(2020年度)を公表

  • 印刷
  • 共有
画像はイメージです
画像はイメージです

環境省は1月7日、2020年度の電気事業者ごとの基礎排出係数と調整後排出係数等のリストを公表した。これらの係数は、二酸化炭素等の温室効果ガスを一定量以上排出する者(特定排出者)が、地球温暖化対策推進法に基づき、2021年度の温室効果ガス排出量を算定・報告する際に用いる(報告は2022年度)。

事業者が提供するメニューのうち、調整後排出係数ゼロ(0.00000トン-CO2/kWh)のものは、清水建設グループ会社のスマートエコエナジー(東京都中央区)や、RE100電力(香川県高松市)などで新たに記載された。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報