> > 豊田通商ら、名古屋港・小名浜港で「水素利活用モデル」構築へ 調査を開始

豊田通商ら、名古屋港・小名浜港で「水素利活用モデル」構築へ 調査を開始

(出所:豊田通商)

豊田通商(名古屋市中村区)は1月から順次、名古屋港(愛知県名古屋市)と小名浜港(福島県いわき市)で、港湾と周辺地域における荷役機械・モビリティの燃料電池化(FC化)を含む、水素の利活用モデル構築に向けた実現可能性調査を開始する。新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)調査事業の採択を受け実施する。

同社は、米ロサンゼルス港英イミンガム港で先行して取り組んでいる港湾のカーボンニュートラルに向けた取り組みで培った知見を生かし、国内有数のコンテナ取り扱い量を誇る名古屋港、東日本地域のエネルギーの主要供給拠点である小名浜港において、各パートナー企業と共同で、水素利活用モデルの構築を通じた「カーボンニュートラルポート(CNP)」の形成を目指す。具体的な取り組みは以下の通り。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 78 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2022 日本ビジネス出版. All rights reserved.