大阪ガス、JR九州10駅に100%再エネ電気を供給 環境価値は地産地消

  • 印刷
  • 共有
再エネ電気を供給するJR筑肥線(出所:大阪ガス)
再エネ電気を供給するJR筑肥線(出所:大阪ガス)

大阪ガス(大阪府大阪市)は1月11日、九州旅客鉄道(JR九州/福岡県福岡市)の筑肥線の佐賀県内の駅舎10か所に、RE100の要件を満たす再生可能エネルギー電気を供給すると発表した。同日より順次供給を開始するという。

この取り組みでは、再エネ電源で発電された電気と、Daigasグループが保有する佐賀県の肥前・肥前南風力発電所(佐賀県唐津市)の属性情報を付与した非化石証書を組み合わせた再エネ電気を、佐賀県内の肥前久保駅~伊万里駅間の駅舎に供給する。肥前・肥前南風力発電所の発電規模は3万kW(設備容量は1500kW×20基)。これにより「再エネ環境価値の地産地消」を実現するとともに、JR九州が目指す鉄道のさらなる環境価値向上にも貢献するとしている。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報