> > 大阪ガス、JR九州10駅に100%再エネ電気を供給 環境価値は地産地消

大阪ガス、JR九州10駅に100%再エネ電気を供給 環境価値は地産地消

再エネ電気を供給するJR筑肥線(出所:大阪ガス)

大阪ガス(大阪府大阪市)は1月11日、九州旅客鉄道(JR九州/福岡県福岡市)の筑肥線の佐賀県内の駅舎10か所に、RE100の要件を満たす再生可能エネルギー電気を供給すると発表した。同日より順次供給を開始するという。

この取り組みでは、再エネ電源で発電された電気と、Daigasグループが保有する佐賀県の肥前・肥前南風力発電所(佐賀県唐津市)の属性情報を付与した非化石証書を組み合わせた再エネ電気を、佐賀県内の肥前久保駅~伊万里駅間の駅舎に供給する。肥前・肥前南風力発電所の発電規模は3万kW(設備容量は1500kW×20基)。これにより「再エネ環境価値の地産地消」を実現するとともに、JR九州が目指す鉄道のさらなる環境価値向上にも貢献するとしている。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 65 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2022 日本ビジネス出版. All rights reserved.