> > 温室効果ガス排出量の算定・報告で「森林吸収由来クレジット」の取扱いを変更

温室効果ガス排出量の算定・報告で「森林吸収由来クレジット」の取扱いを変更

画像はイメージです

経済産業省と環境省は1月13日、二酸化炭素等の温室効果ガスを一定量以上排出する者(特定排出者)を対象とした「温室効果ガス排出量算定・報告・公表制度」において、森林吸収由来クレジットの取り扱いを変更すると発表した。

「調整後温室効果ガス排出量」(調整後排出量)の調整方法を定めている告示を改正する。森林の整備・保全により吸収された温室効果ガスの吸収量として認証された国内認証排出削減量については、これを移転した際に加算しないよう変更することとした。これにより、吸収活動に由来する認証排出削減量を移転した特定排出者が、必要以上に多くの調整後排出量を報告することを防ぐ。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 70 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2022 日本ビジネス出版. All rights reserved.