> > 花王、「プラスチック製アイキャッチシール」添付商品の生産終了

花王、「プラスチック製アイキャッチシール」添付商品の生産終了

(左)ボトル容器に情報を表記/(右)店頭でボトル容器の横に陳列されるつめかえ容器に情報を表記(出所:花王)

花王(東京都中央区)は1月12日、アテンションツール「プラスチック製アイキャッチシール」添付商品の生産が2021年12月末をもって終了したと発表した。これにより、『2021年までにプラスチック製アイキャッチシール全廃する』という目標を、海外含めグループ全体で達成した。なお廃棄によるごみの発生を防ぐため、物流・店頭の在庫がなくなるまで販売は継続する。

花王、プラスチック製アイキャッチシール廃止を推進

「プラスチック製アイキャッチシール」は、消費者が商品を購入する際に、商品特徴や正しい使用方法などを的確に伝達できるメリットがある反面、プラスチック使用量が増え、プラスチックごみや廃棄時のCO2が増大するといった課題があった。今回同社は、従来アイキャッチシールに記載していた情報を、ボトル容器への表記などで伝えらえる工夫を施すことで、アイキャッチシール全廃を達成した。また、誤購入や誤使用を防ぐため添付が必要と判断した商品の記載として、注意表示ラベルの素材をプラスチックからFSC認証紙に変更した。この取り組みにより、約60トンのプラスチック削減を実現した。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 54 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2022 日本ビジネス出版. All rights reserved.