デンカら、使用済みPSのケミカルリサイクル施設建設へ 年3千トン処理

  • 印刷
  • 共有
ポリスチレン(PS)ケミカルリサイクル循環モデル図(出所:デンカ)
ポリスチレン(PS)ケミカルリサイクル循環モデル図(出所:デンカ)

デンカ(東京都中央区)と東洋スチレン(同・港区)は1月11日、使用済みポリスチレン(PS)樹脂のケミカルリサイクルプラントを建設すると発表した。年間処理能力は約3,000tで、同社千葉工場(千葉県市原市)敷地内に建設し、2023年度下期の稼働開始を予定している。

同事業で計画されているケミカルリサイクルは、マテリアルリサイクルと異なり、再利用用途に制限がなく何度でも再生できるという特長があるほか、スチレン系樹脂であるポリスチレンの持つ、ポリマーから中間化学品であるモノマーに熱分解しやすいという利点を最大限活かすことができる手法でもある。石油資源の新規投入量を減らして廃プラスチックを再資源化することで、脱炭素・循環型社会構築に貢献が期待される。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報