中部電力、愛知で最大86MWの陸上風力発電所を計画 環境影響評価を開始

  • 印刷
  • 共有
事業実施想定区域(出所:中部電力)
事業実施想定区域(出所:中部電力)

中部電力(愛知県名古屋市)とOSCF(東京都港区)は1月17日、愛知県新城市と北設楽郡設楽町において検討を進めている最大86MWの陸上風力発電事業において、環境影響評価法に基づき、「計画段階環境配慮書」を経済産業大臣・愛知県知事・新城市長・設楽町長および豊田市長に送付したと発表した。

「新城・設楽風力発電事業(仮称)」は、4.3MW級の風力発電機を最大20基程度設置する事業で、愛知県新城市と北設楽郡設楽町にまたがるエリアでの設置が計画されている。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報