アスクル・日野ら、配送業務で小型EVトラックを最適稼働へ 実証実験開始

  • 印刷
  • 共有
実証に使用する小型EVトラック(出所:日野自動車)
実証に使用する小型EVトラック(出所:日野自動車)

アスクル(東京都江東区)、日野自動車(東京都日野市)、日野自動車と関西電力の合弁会社であるCUBE-LINX(キューブリンクス/東京都新宿区)、は1月19日、アスクルの配送業務において、日野自動車が開発した小型電気自動車(BEV)トラック「日野デュトロ Z EV」を用いて、電動車の最適稼働マネジメントの実証実験を開始した。

アスクルのラストワンマイルの配送拠点である新木場物流センターにおいて、「日野デュトロ Z EV」2台、普通充電器(6kW)と急速充電(50kW)各2台を導入して、実証実験を行う。実証期間は1月19日~5月31日。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報