サントリー、2本に1本を「100%サステナブルボトル」へ 22年中に

  • 印刷
  • 共有
新ロゴマークを順次展開する(出所:サントリー食品インターナショナル)
新ロゴマークを順次展開する(出所:サントリー食品インターナショナル)

サントリー食品インターナショナル(東京都港区)は1月28日、2022年の国内清涼飲料事業において、ペットボトルの2本に1本を、リサイクル素材あるいは植物由来素材のみを使用した「100%サステナブルボトル」とする計画を発表した。また、ラベルレス商品において、全数量を100%サステナブルボトルにした商品も発売する。今後も引き続き、多様なペットボトル商品を100%サステナブルボトルにするという。

また、3月以降、同社ペットボトル全商品(ラベルレス商品を除く)のラベルに「ボトルは資源!サステナブルボトルへ」という新たなロゴマークを順次展開する。消費者に対し、ペットボトルは資源として何度も循環できることを伝える。新ロゴマークの他にも、消費者に向けた情報発信を強化していくという。さらに、日本で培ったペットボトルのサステナブル化技術を、海外現地グループ会社と協働して展開することで、サントリーの「ペットボトルの100%サステナブル化」を一段とグローバルで加速させていくとしている。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報