野村不動産、国内の全賃貸資産を23年度までに再エネ100%へ

  • 印刷
  • 共有
(左)新宿野村ビル/(中)日本橋室町野村ビル/(右)Landport青梅(出所:野村不動産)
(左)新宿野村ビル/(中)日本橋室町野村ビル/(右)Landport青梅(出所:野村不動産)

野村不動産ホールディングス(東京都新宿区)は2月1日、事業活動で使用する電力を100%再生可能エネルギー由来の電力で調達することを目標とする国際イニシアチブ「RE100」に加盟したと発表した。今回の加盟により、同社グループは、事業活動で使用する電力を2050年までに100%再エネにすることを目指す。

まずは、先行な取り組みとして、グループの中核会社である野村不動産(同)が保有する国内すべての賃貸資産において、同社が調達する電力を入居テナント分も含め2023年度までに再エネの導入を完了させるとしている。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報