九電など4社、EVを業務とレンタカーに二段活用 再エネ活用手段も検証へ

  • 印刷
  • 共有
EVレンタカー活用スキーム図(出所:九州電力)
EVレンタカー活用スキーム図(出所:九州電力)

九州電力(福岡県福岡市)、ニッポンレンタカーサービス(東京都千代田区)、東京センチュリー(東京都千代田区)、日本カーソリューションズ(NCS/同)の4社は2月17日、電気自動車(EV)レンタカーを活用した新たな取組みを開始した。

今回の取組みでは、オートリース会社のNCSがニッポンレンタカーにEV「日産リース」をリース提供する。ニッポンレンタカーは、このEVを、平日は九州電力に業務用車両として提供し、土日祝日などの休日は薬院駅前営業所(福岡市)でEVレンタカーとして一般の顧客に提供する。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報