三井住友FL、タイでLIXILの脱炭素化支援 5MWの太陽光発電をリース

  • 印刷
  • 共有
トステムタイ工場の太陽光発電設備(出所:三井住友ファイナンス&リース)
トステムタイ工場の太陽光発電設備(出所:三井住友ファイナンス&リース)

三井住友ファイナンス&リース(SMFL/東京都千代田区)は2月18日、LIXIL(同・江東区)のタイの生産拠点に、二国間クレジット制度(JCM)資金支援事業のうち設備補助事業を活用したリースを提供すると発表した。発電容量5.0MW、年間発電量は約690万kWhで、2月中の運転開始を予定している。

同社のタイ現地法人SMFL Leasing (Thailand)が、LIXILの住宅建材事業の生産拠点で最大規模となるTOSTEM THAI(トステムタイ)向けに、工場屋根に設置する太陽光発電設備をリースする。工場の所在地はタイ王国パトゥムターニー県ナワナコン工業団地内。発電した電力の全量がトステムタイ工場内で自家消費する。同工場のCO2排出量削減効果は年間約2,200トンを見込む。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報