鈴廣蒲鉾本店とホンダ、EV・建物間で電気を融通するエネマネ実証を開始

  • 印刷
  • 共有
鈴廣本社社屋と実証に使用するEV(出所:ホンダ)
鈴廣本社社屋と実証に使用するEV(出所:ホンダ)

鈴廣蒲鉾本店(神奈川県小田原市)と本田技術研究所(ホンダ/東京都港区)は2月24日、電気自動車を蓄電池としても活用し、EVと建物間で効率的に電力を融通するエネルギーマネジメントの実証実験を開始したと発表した。期間は2023年2月までを予定している。

実証実験では、小田原市にある鈴廣本社を中心に、主に同市内でEVを走行させて実施する。ホンダがEVとエネルギーマネジメントシステムを用意し、鈴廣が取引先への訪問などの日常業務で使用する。実証実験により、(1)社屋全体の効率的な電力利用、(2)EVによる効率的な移動業務の2つを最適なバランスで両立させ、CO2の排出量削減とピークカットによる電気代の低減を目指す。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報