カネカ、太陽電池製品を20%以上値上げ 4月1日の見積りから価格改定

  • 印刷
  • 共有

カネカ(東京港区)は3月1日、太陽電池製品の販売価格を改定すると発表した。4月1日の見積りから現行価格に対して20%以上の値上げを実施する。対象は住宅用・非住宅用太陽電池のすべての製品。

太陽電池の主原料となるシリコンウェハの価格が、シリコン原料の世界的な不足により高騰。さらに、高透過ガラスなどのその他原材料価格や、物流費の上昇も加わり、事業収益を圧迫していることから、今回の値上げとなった。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報