コスモと岩谷産業、水素で協業 商用車向け水素ステーション運営へ

  • 印刷
  • 共有

コスモエネルギーホールディングス(東京都港区)と岩谷産業(大阪府大阪市)は3月8日、水素事業の協業に関して検討を開始すると発表した。まずは2022年中に、商用の燃料電池自動車をターゲットとする水素ステーションの建設・運営に向けた共同事業体の設立を検討する。

協業の検討を行う領域は、(1)水素ステーション事業、(2)水素製造等に関わるエンジニアリング分野、(3)水素サプライチェーン構築に向けた国内受入基地と海外ソースの活用、の3つ。水素は利用時にCO2を排出しないことから、カーボンニュートラルのキーテクノロジーとして発電・産業・運輸など幅広く活用されることが可能とされており、技術開発や安定供給が期待されている。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報