トヨタ、「水素貯蔵モジュール」を開発 自動車用の樹脂製高圧水素タンク活用

  • 印刷
  • 共有
水素貯蔵モジュールコンセプトモデルのイメージ(出所:トヨタ)
水素貯蔵モジュールコンセプトモデルのイメージ(出所:トヨタ)

トヨタ自動車(愛知県豊田市)は3月15日、燃料電池自動車(FCEV)「MIRAI」で採用実績のある自動車用70MPaの複数の樹脂製高圧水素タンクと水素センサー・自動遮断弁などの安全装置をインテグレートした「水素貯蔵モジュール」を開発したと発表した。

今回発表した水素貯蔵モジュールコンセプトモデルは、「MIRAI」で採用している樹脂製高圧水素タンクをベースに、水素貯蔵容量が異なる3つのバリエーションのほか、大容量化したタンクを使用した大型モジュールもラインアップした。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報