三菱UFJ銀行、メガワット級太陽光発電を新設→自己託送で再エネを自家消費

  • 印刷
  • 共有
イメージ図(出所:三菱UFJ銀行)
イメージ図(出所:三菱UFJ銀行)

三菱UFJ銀行(東京都千代田区)は3月16日、メガワット級の新設太陽光発電設備を活用したオフサイト(敷地外)における自己託送エネルギーサービスを導入すると発表した。東京電力エナジーパートナー(東電EP/同・中央区)の100%子会社である日本ファシリティ・ソリューション(JFS/同・品川区)と同サービスに関する契約を締結し、2022年9月の竣工・サービス開始を目指す。

このサービスは、三菱UFJ銀行が千葉県旭市に約2,000kWの太陽光発電所を新設し、発電した全ての電力を一般送配電事業者の送配電ネットワークを介して、三菱UFJ銀行のデータセンターへ供給(自己託送)するもの。これにより、三菱UFJ銀行は、年間約217万kWhの太陽光発電による電力を直接調達し、年間957t-CO2の削減を見込んでいる。これは一般家庭約700世帯分の年間消費電力量に相当する。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報