EV最大85万円・軽EV最大55万円を補助 充電インフラの補助金も強化

  • 印刷
  • 共有
事業イメージ(出所:経済産業省)
事業イメージ(出所:経済産業省)

経産省は3月31日から順次、電気自動車(EV)・プラグインハイブリッド車(PHEV)・燃料電池自動車(FCV)の購入補助と、充電インフラ整備補助の申請受付を開始する。車両の購入補助は、EVの場合で上限額が40万円から85万円となるなど大幅に補助単価を引き上げた。また、充電インフラも補助対象や補助額を拡充した。

車両の購入補助については2021年11月26日以降に新車新規登録(登録車)または新車新規検査届出(軽自動車)された車両が対象になる。充電インフラの整備補助については、事前の設備購入や工事着手は認められない。申請受付開始以降、申請・審査を経て、工事等に着手する必要がある。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報