大和ハウス、社員のEV購入に30万円を補助 社内制度「新エコ手当」導入

  • 印刷
  • 共有
画像はイメージです
画像はイメージです

大和ハウス工業(大阪府大阪市)は4月4日、環境負荷ゼロに向けてクリーンエネルギー自動車の購入を促進するため、電気自動車(EV)や燃料電池自動車(FCV)などを対象に購入補助金や手当の増額を行う、社内制度「新エコ手当」を導入したと発表した。

同社では、一定条件を満たす社員が保有する自家用車を業務で使用する場合、毎月2.5万円の維持手当を支給している。「新エコ手当」では、電気自動車もしくは燃料電池自動車を導入すると、車両購入時に補助金30万円を支給する。導入時の手当は、グループ会社との契約などの諸条件を満たすと40万円に増額できる。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報