中国電力、完全自立型EVシェア拠点実証へ ソーラーカーポートで再エネ給電

  • 印刷
  • 共有
完全自立型EVシェアリングステーションの概要(出所:中国電力)
完全自立型EVシェアリングステーションの概要(出所:中国電力)

中国電力(広島県広島市)は4月4日、再生可能エネルギー電力と電気自動車(EV)等の活用により、走行時のCO2排出量がゼロとなる「ゼロカーボン・ドライブ」を実現する「完全自立型EVシェアリングステーション」の実証事業を開始すると発表した。

この実証事業は、電力系統から完全に分離・独立したソーラーカーポートと蓄電・制御システムを一体化し、太陽光発電電力のみで運用するEVステーションに、カーシェアリングサービスを組み合わせた、世界初の取り組みとなるという。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報