トヨタ初の量産型EV、サブスク・リース販売で提供 初年度5000台

  • 印刷
  • 共有
bZ4X Z(4WD)(出所:トヨタ自動車)
bZ4X Z(4WD)(出所:トヨタ自動車)

トヨタ自動車(愛知県豊田市)は4月12日、同社初の量産型電気自動車(EV)「bZ4X」を、5月12日に発売すると発表した。個人向けには、同社のサブスクリプション(定額制)サービス「KINTO(キント)」を通じて提供し、法人向けにはリース販売する。

日本においては全数リースで販売し、第1期には3,000台分の申込み受付を開始する。秋口に第2期、以降順次申し込みの受付を開始し、初年度は5,000台分の生産・販売を予定している。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報