エア・ウォーター物流、食品残さを活用した飼料製造を開始

  • 印刷
  • 共有
(出所:エア・ウォーター物流)
(出所:エア・ウォーター物流)

エア・ウォーター物流(北海道札幌市)は4月14日、グループの食品工場などから回収したかぼちゃの加工残さをフレーク化し、畜産農家へ牛用飼料として供給するエコフィード事業を開始したと発表した。

「エコフィード」とは、食品残さを原料として製造された家畜用飼料のこと。食品リサイクルによる資源の有効活用のほか、畜産業界の課題である飼料自給率の向上などにも寄与することから、SDGsの観点から注目を集めている。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報