東急不動産、埼玉で営農型太陽光発電の実証施設開発 エクシオグループと連携

  • 印刷
  • 共有
発電所下部での営農イメージ(出所:東急不動産)
発電所下部での営農イメージ(出所:東急不動産)

東急不動産(東京都渋谷区)は4月27日、エクシオグループ(同)と共に、埼玉県東松山市にてソーラーシェア(営農型太陽光発電)を中心とした再生可能エネルギーの実証施設「リエネソーラーファーム東松山」を建設すると発表した。

この施設では、ソーラーシェア実証実験エリアと、説明・技術展示エリアの2カ所でプラットフォームを提供する。次世代の太陽光発電事業と売電スキームの検証など、次世代を担う再エネ事業と農業の実証実験プラットフォームを東急不動産が提供し、参加型実証施設としてさまざまな関係者と協働する。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報