東京海上日動、「地熱発電業務賠償責任保険団体制度」を創設

  • 印刷
  • 共有

東京海上日動火災保険(東京都千代田区)は5月1日より、日本地熱協会の正会員企業などを対象に、「地熱発電業務賠償責任保険団体制度」の販売を開始した。地熱発電(開発)業務に関連して周辺温泉の湧出量の減少、泉質や温度の変化が発生した場合の原因調査費用と、温泉事業者への損害賠償責任を補償する。

同保険の補償対象は以下のとおり。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報