エネルギーコスト等の上昇を考慮した価格決定を 経産省、下請業者配慮を要請

  • 印刷
  • 共有

経済産業省は4月28日、昨今のウクライナ情勢や原油価格高騰などにより影響を受ける中小企業・小規模事業者を支援するため、親事業者に対して、下請事業者等に対する配慮について要請する文書を、経済産業大臣名で発出した。同文書では、原材料価格やエネルギーコスト等の上昇を踏まえ、適切な価格転嫁や、サプライチェーン全体での効率的な生産活動の促進等に関する配慮などを親事業者に要請した。

今回、経済産業省は、関係事業者団体約1,700団体を通じ、親事業者に対して、経済産業大臣と公正取引委員会委員長の連名の要請文書(他省庁所管業種の団体に対しては、事業所管大臣も連名)を発出するとともに、パートナーシップ構築宣言の宣言企業約8,000社に対しても経済産業大臣名の同趣旨の要請文書を発出した。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報