非化石価値取引市場、21年度第3回オークション監視結果を報告

  • 印刷
  • 共有

電力・ガス取引監視等委員会は4月26日、2月に日本卸電力取引所で実施された「非化石価値取引市場」の2021年度第3回オークションに関する監視結果を公表した。非FIT非化石証書の取引について、オークションに応札した特定の事業者に(1)売り惜しみ、(2)価格つり上げ等の問題となる行為がなかったかという観点から監視を行い、いずれも「問題となる事例は認められなかった」と報告した。

取引における公平性や価格形成の透明性確保へ

非化石価値は従来、「FIT非化石証書」(太陽光・風力等FIT電源由来)、「非FIT非化石証書」(大型水力や卒FIT電源等の「再エネ指定」、原子力等由来の「再エネ指定なし」)の大きく分けて2種類の証書により、非化石価値取引市場で取引されてきた。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報