商船三井CVC、仏企業に出資 GHG排出削減・カーボンクレジット創出へ

  • 印刷
  • 共有
同社ソフトウェアの概要(出所:Everimpact)
同社ソフトウェアの概要(出所:Everimpact)

商船三井(東京都港区)は5月6日、投資子会社のコーポレートベンチャーキャピタル(CVC)「MOL PLUS(東京都港区)」が、GHG(温室効果ガス)モニタリング・カーボンクレジット売買取引を行うデジタルプラットフォームを運営するフランスのスタートアップ企業Everimpact(エバーインパクト)社に出資すると発表した。

エバーインパクト社は、GHG排出量の「見える化」「クレジット化」「取引」をワンストップで行うことができるデジタルプラットフォームを運営する企業。同社ソフトウェアの提供を通じて、海運・都市・製造業・エネルギープラントなどの多様な産業に対して、GHG排出量を正確にリアルタイムで追跡し、排出削減分のクレジット化や取引をサポートしている。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報