三菱HCキャピタル、米・分散型太陽光発電事業に出資 3サイト19.6MW

  • 印刷
  • 共有
画像はイメージです
画像はイメージです

三菱HCキャピタル(東京都千代田区)は5月9日、米国マサチューセッツ州における分散型太陽光発電事業(3サイト、発電容量19.6MWDC)に参画したと発表した。米国の投資子会社であるMIUSA Corporationを通じて、北米の再生可能エネルギー発電事業を投資対象とするExcelsior Energy Capitalより、持分49%を取得した。

同事業は、再生可能エネルギーの導入を積極的に推進するマサチューセッツ州において、太陽光発電所で発電する電力を州内の地方公共団体、大学、一般家庭に供給するもの。2021年1月にNorthampton、2021年4月にPuddon I、Puddon IIの運転を開始した。同州の太陽光発電導入支援制度で、売電単価が一定期間固定されるSMART(Solar Massachusetts Renewable Target)制度を活用している。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報