三井化学ら、炭素繊維製造工程のエネルギー消費量を半減 マイクロ波活用

  • 印刷
  • 共有
(出所:三井化学)
(出所:三井化学)

三井化学(東京都港区)とマイクロ波化学(大阪府吹田市)は5月9日、環境負荷の低い革新的な炭素繊維(CF)製造に関する基盤技術を確立したと発表した。従来法と比較し、エネルギー消費量を50%削減するとともに、処理時間も大幅に短縮し、装置をコンパクトにすることが可能になった。さらに再生可能エネルギーを使用することでより大幅なCO2排出削減が期待できるという。

今回発表した技術は、CF製造工程中で最もエネルギー消費の大きい耐炎化プロセスに加え、炭化プロセスの両工程を一貫してマイクロ波により焼成する革新的なもの。技術検証をさらに進めるために、実証設備の導入についても検討を進めるという。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報