> > 大阪ガス、米国で計70万kW超の太陽光発電所を共同開発 Oriden社と

大阪ガス、米国で計70万kW超の太陽光発電所を共同開発 Oriden社と

画像はイメージです

大阪ガス(大阪府大阪市)は5月11日、同社100%子会社であるOsaka Gas USA(OGUSA)を通じ、米国の再エネ発電開発事業者Oriden社と、米国で計70万kW(PCS容量約60万kW)以上の複数の太陽光発電所を共同開発すると発表した。

太陽光発電所は1案件当たり15万kW~35万kW程度を予定。一部の案件で蓄電池を含むという。今後、両社は共同で発電所を建設するための土地の確保、許認可の取得、送配電事業者の送電系統に接続するための対応など、発電所の建設を開始するまでの開発を行う。

Oridenは

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 53 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2022 日本ビジネス出版. All rights reserved.