> > 三菱ケミ・ナカバヤシら、生分解性樹脂を使用した食品向けバリア包装材を開発

三菱ケミ・ナカバヤシら、生分解性樹脂を使用した食品向けバリア包装材を開発

BioPBSを使用した食品向けバリア包装材(出所:三菱ケミカルホールディングス)

三菱ケミカルホールディングスグループ(東京都千代田区)は、ナカバヤシ(大阪府大阪市)、王子エフテックス(東京都中央区)、MIB(同・大田区)、長瀬産業(大阪府大阪市)、旭洋(東京都千代田区)と共同で、三菱ケミカルグループの植物由来の生分解性樹脂「BioPBS」を使用した、食品向けバリア包装材を開発したと発表した。

同包装材には、袋内面のシーラント層に「BioPBSTM」が採用されている。環境に配慮した製品でありながら、バリア性やガスコントロール機構といった高い機能性を有するのが特徴だ。

今後は包装材として、コーヒー豆を中心に、青果物などの包装材として展開していく考えで、2022年夏ごろまでに、ナカバヤシが展開する環境配慮製品ブランド「asue」のラインアップとして販売を開始する予定だ。

生分解性素材を使いながら、コーヒー豆の美味しさを保つことが可能に

(出所:三菱ケミカルホールディングス)

(出所:三菱ケミカルホールディングス)

「BioPBSTM」は、

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 40 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2022 日本ビジネス出版. All rights reserved.