> > JERA、35年度に国内排出量6割削減へ 脱炭素に6500億円投資も

JERA、35年度に国内排出量6割削減へ 脱炭素に6500億円投資も

クリックで拡大します
2035年に向けたJERAの取り組みイメージ(出所:JERA)

JERA(東京都中央区)は5月12日、2035年度までに、国内事業からのCO2排出量について2013年度比で60%以上の削減を目指すと発表した。日本政府の2050年カーボンニュートラルの方針に基づいた再生可能エネルギー導入拡大を前提に、国内の再生可能エネルギーの開発・導入を推進するとともに、水素・アンモニア混焼を進め、火力発電の排出原単位低減に努めるとしている。

2035年に向けた新たなビジョンと環境目標「JERA環境コミット2035」を同日に公表し、明らかにした。2035年に向けたビジョンでは「再生可能エネルギーと低炭素火力を組み合わせたクリーンエネルギー供給基盤を提供することにより、アジアを中心とした世界の健全な成長と発展に貢献する」ことを掲げた。

さらに同日、2025年度に向けた財務戦略と新たな経営目標も公表した。財務戦略において投資に配分する資金は2025年度までに合計で1兆4,000億円程度を予定。6,500億円程度の資金を脱炭素関連事業に配分するとした。

水素・アンモニアの導入計画

JERAは、2030年と2035年に向けた環境目標の達成に向けて、水素・アンモニアの導入計画について、以下のタイムラインでの技術開発を目指すとした。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 68 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2022 日本ビジネス出版. All rights reserved.