三菱商事、エイコーエナジオと太陽光事業で協業 25年までに30MW開発

  • 印刷
  • 共有

三菱商事(東京都千代田区)とエイコーエナジオ(大阪府大阪市)は5月12日、脱炭素社会に向けた取り組みの一環として、太陽光発電設備の開発と運営業務を締結したと発表した。同契約に基づき、エイコーエナジオは三菱商事向けに2025年までに30MWの太陽光発電設備を国内で開発する。

エイコーエナジオは、自社保有の岡山県和気郡のゴルフ場で開発したエイコーエナジオ和気ソーラーパーク(DC23,000kW)のほか、栃木県那須塩原市の農地にてソーラーシェアリングを目的とした那須塩原アグリソーラー発電所(DC14,000kW)など、これまでに54,712kWの太陽光発電設備の開発および運営をしている。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報