三重県桑名市、県内初・PPAで太陽光発電+蓄電池導入 災害時予備電源にも

  • 印刷
  • 共有
設置イメージ(多度まちづくり拠点施設)(出所:三重県桑名市)
設置イメージ(多度まちづくり拠点施設)(出所:三重県桑名市)

三重県桑名市は5月9日、県内の自治体では始めて、市の公共施設に、PPA(電力購入契約)による再生可能エネルギー設備等の導入を開始すると発表した。PPA事業者と連携し、市内13カ所の公共施設に、初期費用なしで太陽光発電設備と蓄電池を設置する。これにより年間124トンのCO2削減効果を見込む。2023年4月の電力供給開始を目指す。

事業スキームの概要(出所:桑名市)
事業スキームの概要(出所:桑名市)

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報