住友商事、シンガポール・アンモニア燃料事業で進展 川崎汽船らが新たに参画

  • 印刷
  • 共有
(出所:住友商事)
(出所:住友商事)

住友商事(東京都千代田区)は5月13日、シンガポールにおける船舶向けアンモニア燃料供給の実現に向けたコンソーシアムに、新たなメンバーとして川崎汽船(同)、シンガポール海事港湾庁(MPA)が参画し、共同検討の加速に向けた覚書を締結したと発表した。

今回の参画により、コンソーシアムを組成するメンバーは8者となった。今後は、新たなメンバーとして加入した川崎汽船、MPAの協力のもと、アンモニアのサプライチェーンの詳細検討およびライフサイクルアセスメント、船舶向けアンモニア燃料供給の安全性評価、オペレーション・ガイドラインの策定に向けた活動を行い、2020年代後半の船舶向けアンモニア燃料供給の実現に向けて、より具体的な検討・準備を進めていく。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報