【米国】NY州、自治体への気候変動対策支援に過去最高額1400万ドル拠出

  • 印刷
  • 共有

ニューヨーク州知事のキャシー・ホウクル氏は5月12日、過去最高額の1,400万ドルを、自治体の気候変動対応を支援する「気候スマートコミュニティ事業(Climate Smart Community Projects)」へ拠出すると発表した。

グリーンインフラ、温室効果ガスの削減、ハリケーンや洪水などの気候変動レジリエンスのための自治体支援としては過去最高の資金額となる。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報