九電、マンション向けEVシェア事業を全国展開 Seibiiと業務提携

  • 印刷
  • 共有
導入例(出所:九州電力)
導入例(出所:九州電力)

九州電力(福岡県福岡市)は5月20日から、マンション入居者専用の電気自動車(EV)シェアリングサービスのサービス提供エリアを、九州・首都圏から全国へ拡大する。出張自動車整備・修理サービスを手掛けるSeibii(セイビー/東京都港区)と業務提携し、全国へのカーシェア用車両配備が可能となった。

サービスの提供対象は主に分譲マンション(新築・既築) 。「マンション入居者(we)のみ利用できる電気自動車(ev)」というコンセプトを掲げ、原則、サービス導入マンションの入居者のみが利用できるサービスだ。5月時点の車種はテスラ モデル3と日産リーフのいずれか。車種については順次拡大予定だという。導入費用は物件ごとに見積書を提示する。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報